すぺくたーは田舎ぐらし

映画・アニメ・音楽・デジモノ・投資など、主に管理人の興味のあることを書きなぐる

スポンサーリンク

その他

【映画】白鯨との闘い 感想

2017/01/08

 

001

002

 

邦題 白鯨との闘い 

原題 In the Heart of the Sea

2016.1.19 公開 BD 2016.5.20 発売

上映時間 121分

 

予告編

オススメ度・・・★★★☆☆

 

ごくごく普通の出来だったかと。

計121分の映画だけど、ピークは60分あたりまで。

白鯨と一度めの決闘で船が沈むところまで。

あとは下り坂⤵

海はすごいきれい。クジラの群れとかどうやって撮影したんだろ CG?

船の帆を張るところとかみていて緊張した。

1800年代の街並みなどとても綺麗。(たぶんCG)

キリアン・マーフィー久しぶりにみたよ。

多分スケアクロウ以来。

語り部の子供時代がなぜかトム・ホランド(新スパイダーマン)

やはり今売りだし中なのね。

 

以下ネタバレ

 

 

 

開始~60分くらいまでは港から出港~白鯨と決闘まで

後半部分 遭難→無人島到着→陸に向けて再出発

ここから先(再出発以後)が語り部が話したくなかった部分らしく、

三艘のボートに別れて出発するんだけど、

ボートの上で亡くなった人を食べる。くじ引きで誰が犠牲になるか決めるなど。

カニバリズム的な話がでてくる。悲惨だ。

見た目のグロではないけど、何人かそうなったみたい。

人骨がボートに残ってたり。

 

【白鯨】の元ネタ?なのでクジラとの決着もなし。

もともとそういった類の話ではないと思うけど。

 

-その他
-